一般社団法人 日本民間放送連盟

MEMBER'S ROOM
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • ENGLISH PAGE

トピックス

(報道発表)放送番組問題への更なる対応について

2007年3月1日
(社) 日本民間放送連盟
 
放送番組問題への更なる対応について

 社団法人 日本民間放送連盟〔民放連、会長=広瀬道貞・テレビ朝日会長〕は3月1日、関西テレビ放送の情報番組『発掘!あるある大事典Ⅱ』で、架空の証言や虚偽データが使用され、事実と異なる内容の放送がなされた問題を重く見て、再発防止に向けた更なる対応としてfile別紙の内容を決定いたしましたのでお知らせいたします。
 民放連では、2月15日に「理事会決議」を行うとともに、放送倫理確立に向けた「施策大綱」を決めていますが、今回の対応はそれに続くものです。
 なお、「BPOの番組チェック機能と権限の強化」に関しては、民放連としての基本的な考えであり、これから検討して行く事項です。

〔別 紙〕
file放送番組問題への更なる対応について(PDF/10.2KB)

以上

この件に関する問い合わせ先:民放連〔会長室〕