一般社団法人 日本民間放送連盟

MEMBER'S ROOM
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • ENGLISH PAGE

トピックス

(お知らせ)「民放連メディアリテラシー実践プロジェクト」報告会の開催について

2010年2月1日
「民放連メディアリテラシー実践プロジェクト」報告会の開催について

 民放連の放送基準審議会〔議長=山本雅弘・毎日放送会長〕は、2010年2月19日(金)に「民放連メディアリテラシー実践プロジェクト」報告会を開催します。
 このプロジェクトは、『メディアリテラシーの道具箱~テレビを見る・つくる・読む』(民放連・東京大学メルプロジェクト編/東京大学出版会)をテキストとして、公募により決定した放送局のスタッフと中学・高校生が番組づくりを行うことなどを通じて、ともにメディアリテラシーを学び合うもので、2006年度から5か年計画で実施しているものです。
 本年度は、和歌山放送、九州朝日放送(ラジオ)、鹿児島テレビ放送の3社の実践報告、ご協力いただいた有識者のディスカッションなどを行います。
 会員社の役職員のほか、メディアリテラシーに関心をお持ちの教育関係者など一般の方もご参加いただけます。ぜひご参加ください。

この件に関する問い合わせ 民放連番組部


■民放連メディアリテラシー実践プロジェクト」報告会■
  • 日 時  2010年2月19日(金) 午後1時10分~5時10分(開場:午後0時30分)
  • 会 場  民放連3階会議室(千代田区紀尾井町3-23文芸春秋西館)
  • 参加費  無料
  • プログラム
    • 開会あいさつ 戸恒 直・民放連メディアリテラシー実践プロジェクト・チーム主査(日本テレビ放送網・コンプライアンス推進室長)
  • 実践報告1(和歌山放送) 和歌山放送担当者/境真理子・桃山学院大学国際教養学部教授/飯田 豊・福山大学人間文化学部専任講師/沼 晃介・東京大学CREST研究員
  • 実践報告2(鹿児島テレビ放送) 鹿児島テレビ放送担当者/水島久光・東海大学文学部教授
  • 実践報告3(九州朝日放送) 九州朝日放送担当者/高宮由美子・NPO法人子ども文化コミュニティ代表理事/林田真心子・東京大学大学院情報学環院生
  • パネルディスカッション~今年度の総括と今後の展望
    今年度実施社担当者  水越 伸/境真理子/水島久光/高宮由美子の各氏
  • 申込方法(一般参加者) 氏名、所属、連絡先(メールアドレス)および「メディアリテラシーに対するご自身の関心(自由記述)」を明記の上、メールでお申し込みください。折り返し、参加証をお送りします。

    ※いただいた個人情報は、本報告会の運営および事務連絡に使用させていただきます。取り扱いに関しては、関連する法令に従って必要な措置を講じ、適切に管理いたします。

houkokukai.jpg
(写真は鹿児島テレビ放送の実践の様子です)