一般社団法人 日本民間放送連盟

MEMBER'S ROOM
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • ENGLISH PAGE

トピックス

(報道発表)民放ラジオ統一キャンペーン第8回“地震への備え”の実施について

2010年8月25日
(社)日本民間放送連盟
 
民放ラジオ統一キャンペーン第8回“地震への備え”~ラジオがあれば憂いなし!~の実施について

 社団法人 日本民間放送連盟〔民放連、会長=広瀬道貞・テレビ朝日顧問〕のラジオ委員会〔委員長=三木明博・文化放送社長〕は、8月30日(月)から9月3日(金)までの5日間、“地震への備え”の重要性を広く周知することを目的に、標記キャンペーンを file【別紙1】(PDF/8.7KB)のとおり、全国民放ラジオ101社で実施いたします。
 本キャンペーンは、今年で8回目となり、防災の日を中心とした夏の終わりの恒例行事として、リスナーの間ではすっかり定着しております。
 実施内容は、放送展開と専用ホームページ展開の2本柱です。
 まず、放送展開では、キャンペーン期間の5日間、民放ラジオ全社で file【別紙2】(PDF/14.6KB)のとおり「5分間のベルト番組」を編成し、集中的に“地震への備え”を全国のリスナーに呼び掛けます。さらに、期間中には、ラジオ委員会で防災知識を40秒にまとめたオリジナルスポット10種類を放送します。
 一方、専用ホームページ*(http://www.radio-jishin.com)展開では、「地震防災検定」を実施し、全問正解者の中から抽選で防災グッズをプレゼント。同時に、携帯電話からも投稿可能な“我が家での地震への備え”を募集し、抽選で防災ラジオをプレゼントします。さらに、101社のパーソナリティや防災担当者によるブログを立ち上げ、各社オリジナルの地震への備えや防災情報などを紹介します。
 つきましては、各社の番組をお聴きいただくとともに、専用ホームページの検定をお試しになり、民放ラジオ全社が一丸となって展開している当キャンペーンを是非、ご紹介くださるようお願いいたします。
*8月30日より、第8回の内容に切り替ります。


この件に関する問い合わせ先:民放連〔業務部〕