archive

2011年実績/国内作品
グランプリ
(連続ドラマ)
フリーター、家を買う。
制作
制作著作
放送期間

分数×話数


原作

編成企画

プロデューサー
演出

脚本















フジテレビジョン
共同テレビジョン
2010年10月19日
〜12月21日
54分×10話
(※初回は15分拡大
最終回は20分拡大)
有川浩「フリーター、
家を買う。」(幻冬舎刊)
瀧山麻土香(フジテレビ)
水野綾子(フジテレビ)
橋本芙美(共同テレビ)
河野圭太(共同テレビ)
城宝秀則(共同テレビ)
橋部敦子
キャスト
二宮和也
香里奈
井川 遥
丸山隆平
大友康平
鷲尾真知子
坂口良子
竹中直人
浅野温子
フリーター、家を買う。
概要:
新卒で電子機器メーカーに就職した武誠治(二宮和也)は、社風になじめず、自分の力を発揮できる場所はもっと他にあると、 わずか3ヶ月で会社を辞める。
誰にも相談せずに辞めた事で、父・誠一(竹中直人)は激怒。それ以来、商社で経理の道一筋を 貫いてきたベテランサラリーマンの誠一とは衝突してばかり。専業主婦の母・寿美子(浅野温子)は、そんな2人の仲を何とか 取り持とうとする。誠治は、自分が本気を出せばいつでも再就職できると甘い考えのまま就職活動をスタートさせるが、どの 面接にも落ち続け、アルバイトで小遣い稼ぎをする毎日。1年が経つ頃、誠治は就職活動も諦め、ついに引きこもりのフリータ ーになっていた。
ある日、寿美子がうつ病を発症。暗がりの台所で1人、「ごめんなさいごめんなさい、今日も死ねませんで した」と身体を揺らす寿美子の姿を見て、ショックを受ける誠治。開業医に嫁いだ姉・亜矢子(井川遥)と共に、精神科の病 院へ寿美子を連れて行く誠治。医師からは、とにかくストレスの原因を取り除いてあげてくださいと言われる。母がうつ病に なったのは、不甲斐ない自分のせいだと思った誠治は、当面の働き先として、土木会社「大悦土木」でアルバイトを始める。 そこで、同じ年の大手ゼネコン社員・千葉真奈美(香里奈)と出会う。橋の設計士という具体的な夢を持ち、正社員として意 欲的に働く真奈美と自分を比べて、余計に情けなくなる誠治。そして、「いつでも再スタートできる」とずっと自分を励まし てくれていた母の存在の大きさに気づき、働きながら寿美子の看病をすることを誓う。
一方、うつ病に理解のない誠一。誠一 の軽はずみな一言が発端で始まったご近所からのいじめが、寿美子のうつ病の原因であることをつきとめた誠治は、父に頼ら ず、母の病気を治すために新しい家を購入して引っ越すことを目標に立てる。誠治は、大悦土木社長の大悦(大友康平)や真 奈美(香里奈)たち現場の仲間と触れ合い叱咤激励されていく中で、働くことの大切さを学んでいく。こうして、社会人とし て徐々に成長していく中で、家族と向き合い、自分と向き合い、寿美子のうつ病のこと、誠一との確執を少しずつ乗り越えて いき、最終的に寿美子のために新居を手に入れようと、お金を貯めていく誠治だが・・・。
優秀賞
(連続ドラマ)
セカンドバージン
制作著作
放送期間

分数×話数
プロデューサー
演出

脚本








日本放送協会
2010年10月12日
〜12月14日
48分×全10話
田村文孝
黒崎 博
柳川 強
大石 静
キャスト
鈴木京香
長谷川博己
深田恭子
段田安則
草笛光子
YOU
布施 明
綾野 剛
田丸麻紀
宝田 明
セカンドバージン
概要:
もう恋することはないと思っていた・・・仕事一筋に生きてきた40代の女が、17歳年下の妻のいる男と恋に落ちる。大胆で危険な大人の恋を描くラブストーリー。
中村るい(鈴木京香)は、妥協を許さない仕事ぶりでベストセラーを連発する出版プロデューサー。とあるワイン会で、るいは17歳年下の金融庁のエリート官僚・鈴木行(長谷川博己)と出会う。日本の金融市場を改革したいと熱く語る行に興味を持ったるいは、彼の著書の出版に向けて動き出す。るいの狙いどおり、一躍時代の寵児となる行。行には妻・万理江(深田恭子)がいたが、資産家の娘で世間知らずの万理江は、行の子どもを産むことにしか関心がない。そんな万理江との生活に嫌気が差していた行は、るいへの思いを募らせる。
一方、るいは迷っていた。一度、結婚に失敗してから恋を封印してきたるいにとって、セカンドバージンの壁を越えることは容易ではなかったのだ。しかし、シンガポールで偶然再会したるいと行は、その夜、ついに結ばれる。互いを激しく求め合うようになる二人。けれど、幸せな日々は長くは続かなかった。二人の関係に気付いた万理江の壮絶な逆襲が始まった。るいと行は抗うことの出来ない運命の渦に飲み込まれていく。
(連続ドラマ)
Q10
製作著作
放送期間

話数
プロデューサー
監督/演出
脚本








日本テレビ放送網
2010年10月16日
〜12月11日
全9話
河野英裕
狩山俊輔
木皿 泉
キャスト
佐藤 健
前田敦子
田中裕二(爆笑問題)
薬師丸ひろ子
Q10
概要:
高校3年の深井平太(佐藤健)は、ある日誰もいない理科準備室で、眠っている女の子(前田敦子)を見つける。
平太が彼女のある部分に触れると、いきなり女の子が目を覚ました――。

実は彼女は前の晩、校長の岸本路郎(小野武彦)が繁華街のゴミ箱で見つけ、酔ったいきおいで家に連れ帰った子だった。
翌朝、息をしていないことに驚いた校長は平太の担任の小川訪(田中裕二)に助けを求め、理科準備室に隠しておいたのだ。
居合わせた工学博士・柳栗子(薬師丸ひろ子)は、彼女をロボットだと見抜く。
しかし、どこを見ても人間としか見えない。何か秘密があるに違いない。
スキャンダルを恐れた岸本は、ある提案をする。
「このことは4人だけの秘密だから―――」
成り行き上、学校では平太がロボットの面倒を見ることになった。
そんなとき平太は、校長室に入り込んで校長のイスをナイフで切り刻む生徒を目撃する……。
(連続ドラマ)
JIN-仁-
製作著作
放送期間

分数×話数




原作

プロデューサー

演出


脚本
















TBSテレビ
2011年4月17日
〜6月26日
54分×全11話
(第1回:123分
第2話、第4話:59分
第10話:64分、
最終回:108分)
「JIN」村上もとか
(集英社)
石丸彰彦
中井 芳彦
平川雄一朗
山室大輔
那須田 淳
森下佳子
キャスト
南方仁:大沢たかお
橘咲:綾瀬はるか
野風、友永未来(2役):
中谷美紀(特別出演)
坂本龍馬:内野聖陽
    
橘恭太郎:小出恵介
佐分利祐輔:桐谷健太
山田純庵:田口浩正
福田玄孝:佐藤二朗
    
橘栄:麻生祐未
勝海舟:小日向文世
JIN-仁-
概要:
現代の脳外科医・南方仁が、150年の時を超え江戸時代に迷い込んでから2年ほど経ったある日、坂本龍馬から、稀代の大学者・佐久間象山が何者かに襲われ、瀕死の状態にある、なんとか助けてほしいと頼まれる。
歴史上の重要人物である象山を助けることで、歴史を大きく変えてしまうのではと悩む仁だったが、必死の治療の甲斐もあって、意識を取り戻す。やがて象山は自らもタイムスリップしたことがあること、歴史が変わることを恐れず迷わず人を救えと言い残し、戦火の中に敗れてしまう。
仁は多くの犠牲者を救えなかったこと、そして象山の言葉を胸に、周囲の反対や軋轢、困難の中、自らが建てた「仁友堂」の仲間らに助けられながら、その後、西郷隆盛をはじめさまざまな人たちの治療に挑戦する。また、自分の祖先だと思われる少女・お初への治療中での不思議な体験を経て、「歴史の修正力への挑戦」を決意。そしてこの時代にはあり得ないペニシリンの粉末化や現代に残した恋人・未来の祖先かもしれない野風の岩や出産の手助けに奔走する。
江戸から明治への大転換である「大政奉還」直後に起こるはずの「坂本龍馬暗殺事件」による彼の身を案じ、仁は自らが龍馬を救うことを決心し、みずから京都へ再び旅立つ。

果たして仁は龍馬を助けることができるのか? そして仁は現代に戻ることができるのか!? そして彼がタイムスリップしたその謎は!?
全ての謎がこの中で明らかになる。
(連続ドラマ)
モテキ
製作著作
制作

放送期間

分数x話数
原作

統括プロデュース
プロデューサー


演出
脚本















「モテキ」製作委員会
テレビ東京
オフィスクレッシェンド
2010年7月16日
〜10月1日
29分×12話
久保ミツロウ「モテキ」
講談社イブニングKC
岡部紳二(テレビ東京)
阿部真士(テレビ東京)
市山竜次
(オフィスクレッシェンド)
大根 仁
大根 仁
キャスト
森山未來
野波麻帆
満島ひかり
松本莉緒
菊地凛子
新井浩文
リリー・フランキー
堀まゆみ
浜野謙太
でんでん
モテキ
概要:
2010年最高のハイパー恋愛ドラマ誕生!!
モテてモテて仕方がない、そんな異性との縁が重なる時期=モテ期が人生には三度訪れるらしい。
そんな「モテ期」が、金なし夢なし彼女なしの冴えない派遣社員、藤本幸世(森山未來)29歳にある日突然やってきた! 鳴り止まない携帯電話! 次々と送られてくるメール!
今まで連絡が途絶えていた女性たちから次々とお誘いの連絡がやってくる!

以前派遣先の会社で知り合った一見地味な隠れ美人の土井亜紀(野波麻帆)。
数少ない女友達で、趣味の話が合うサブカル系女子の中柴いつか(満島ひかり)。
かつて一番好きだった小悪魔系女子の小宮山夏樹(松本莉緒)。
地元の同級生でバツイチ子持ち、ヤンキー系女子の林田尚子(菊地凛子)。

全くタイプの異なる魅力的な女性四人に、恋愛下手で優柔不断な草食系男子・幸世は翻弄される。自分なりに奔走するけれど、やることなすことすべて裏目に出てしまい、うまくいかないことばかり…。

本当は誰かを愛したいし、誰かに愛されたい!
それぞれの女性との関わりを経て幸世は成長し変わることができるのか?
そして、本物の恋をみつけることができるのか?
男心も女心もトキメキ、心に突き刺さる恋物語。       
グランプリ
(単発ドラマ)
99年の愛 〜JAPANESE AMERICANS〜
製作著作
放送期間

分数x話数


プロデューサー
監督/ 演出
脚本










TBSテレビ
2010年
11月3日〜7日
1・2話×133分、
3話×118分、
4・5話×148分
瀬戸口克陽
福澤克雄
橋田壽賀子
キャスト
草g 剛
仲間由紀恵
松山ケンイチ
寺島 咲
川島海荷
中井貴一
泉ピン子
八千草薫
上條恒彦
岸惠子
99年の愛 〜JAPANESE AMERICANS〜
概要:
 TBSでは開局60周年を記念して、壮大なスケールで放つ人間ドラマを、2010年11月3日(水)より、5夜連続で放送。脚本家・橋田壽賀子が、自身の生涯のテーマでもある「戦争と平和」を題材に描く最後の作品として、世代を超えて現在に至る日系アメリカ人の魂、そして99年に渡るその変遷を描く中で、日本人の誇り・勇気・愛を問いかける。
 99年前、島根の貧農の次男として生まれた長吉(草g剛)は、困窮する家計を助けるため、出稼ぎの手段として渡米を決意する。19歳の長吉は大きな夢を胸にアメリカ行きの船に乗り込む。およそ1ヶ月に及ぶ船旅。だが、辿り着いたアメリカでは「日本人は働きすぎるから」と、排日運動が起こっていた。長吉にアメリカ人農場の仕事はなく、渡米早々から挫折を味わう。しかし、長吉は不屈の根性でへこたれず、毛布一枚に全財産をくるみ、家もなく農場を転々とする季節労働者として必死に働き続けた。流した汗のしょっぱさは自分を裏切らないと信じて…。
 時は流れ――、長吉(中井貴一)は、嫁のとも(泉ピン子)と必死に働き、ついに自分の農場を持つ。そして、4人の子宝にも恵まれ、家庭を育んでいく。それは、日本では決して叶うことのない夢であり、裕福とはいえないまでも楽園のような場所であった。
 日米関係の悪化が日系移民への差別に拍車をかけていた時期、長男・一郎(草g剛・二役)は、18歳になっていた。一郎はアメリカの大学に通うが差別のため友人はいない。そんな中、領事館職員の娘・しのぶ(仲間由紀恵)と恋に落ちる。美人のしのぶは、一郎の家族・平松家にも気に入られる。そして、一郎の弟・次郎(松山ケンイチ)も、しのぶに淡い憧れを抱くのだった。その頃、時代は風雲急を告げる。日本とアメリカの戦争が開戦し、家族を翻弄していく。長吉はFBIに逮捕され拘留所へ。一郎、しのぶ、とも、次郎は日系人を隔離する収容所へ。やがて戦争が激化し、一郎は家族がアメリカで信用を得られるようにと米国に忠誠を誓い、米兵としてヨーロッパ戦線へ。日本へ帰された一郎の妹・しづ(寺島咲)は広島で原爆を、さち(川島海荷)は沖縄戦を体験することに。
 戦争に翻弄された日系人の縮図のような運命を辿る家族。しかし、彼らはどんな逆境にあっても決して挫けない。健気で力強い日系人の姿が、世代を超え現在へと続く99年の物語となり、現代に生きる我々に日本人の誇り、底力、勇気を呼び覚ます。
優秀賞
(単発ドラマ)
さよならぼくたちのようちえん
製作著作
制作協力
放送日

分数
脚本
演出
プロデューサー
チーフプロデューサー









日本テレビ放送網
日テレアックスオン
2011年3月30日
21:00〜23:09
正味106分
坂元裕二
水田伸生
次屋 尚
田中 芳樹
キャスト
芦田愛菜 / 満島ひかり
橋本智哉  佐藤瑠生亮  庵原涼香
黒田博之  本田望結
岸部一徳 / いしだあゆみ
              ほか
さよならぼくたちのようちえん
概要:
 2010年、連続ドラマ『Mother』の制作中に脚本家・坂元裕二氏とともに企み始めたのがこのドラマの事の発端。芦田愛菜を主人公にリアルな子供目線のドラマを作れないか。芦田愛菜なら今まで見たことのないような新しいドラマが出来るはずだ、と。
 そこで坂元氏が紡ぎ出した物語は、都会の真ん中にある幼稚園から突然5人の園児たちが消えてしまうお話。5人はある目的があって、大人たちには内緒で、自分たちの力だけで電車を乗り継ぎ見知らぬ地へと向かったのです。子供たちは約束をしていました。どんなことがあっても絶対に泣かないこと----。

 ドラマは現代社会の仕組みの中で生きる子供たちのみずみずしい姿を丁寧にそして力強く描いていきます。そしてそこにはとても大切なテーマを忍ばせています。大人たちの都合だけで組み立てられた社会制度や価値観を、少し見直してみませんか?昔あなたも、この子供たちのように純粋に世の中を見ていませんでしたか?と、ドラマは問いかけ、訴えるはず。
 『Mother』のチームが再結集し、渾身の力を傾け作った一作です。
(単発ドラマ)
遺恨あり 明治十三年最後の仇討
制作
制作協力
放送日

分数
原作


チーフプロデューサー

プロデューサー


監督
脚本















テレビ朝日/ホリプロ
東映京都撮影所
2011年2月26日
21:00〜23:21
141分
吉村 昭
「最後の仇討」より
(新潮文庫「敵討」収録)
田中芳之(テレビ朝日)
菅井 敦(ホリプロ)
西 勇哉(テレビ朝日)
梶野祐司(ホリプロ)
槙 哲也(ホリプロ)
源 孝志
後藤法子
源 孝志
キャスト
藤原竜也
松下奈緒
小澤征悦
吉岡秀隆
北大路欣也
遺恨あり 明治十三年最後の仇討
概要:
時代は幕末、九州の小藩・秋月藩でその事件は起きた。開国と藩の近代化を提唱する執政・臼井亘理とその妻・清が、攘夷派の何者かに惨殺されたのだ。
亘理の息子・六郎(藤原竜也)は、父母の亡骸の前に仇討を誓うが、時代は明治へと変わり、近代法治国家を目指す政府は「仇討禁止令」を発布、七百年の長きにわたり「武士の美徳」とされた仇討は、「単なる殺人」とされてしまう。
しかしなお、六郎は剣豪・山岡鉄舟(北大路欣也)の下で剣の修行を重ね、また臼井家の下女であったなか(松下奈緒)の支えを受け、十三年の艱難辛苦の末に父の仇・一瀬直久(小澤征悦)を討つ。これを「名誉の仇討」「殺人という憎むべき犯罪」どちらとして捉えるのか世論は二分される。しかも、殺された一瀬は判事という職にあったのだ。
しかし、裁判を受け持つ判事・中江正嗣(吉岡秀隆)は取調べを重ねていくうちに「法の理想」と「武士の心」との間で葛藤する。
果たして、六郎の判決はどうなるのか?そして、最後に六郎が見たものとは…。
(単発ドラマ)
なぜ君は絶望と闘えたのか
製作著作
制作協力
放送日
分数×話数
原作


プロデューサー


演出
脚本












WOWOW
テレパック
2010年9月25日、26日
96分×2話
『なぜ君は絶望と闘えたのか
本村洋の3300日』
門田隆将(新潮社刊)
岡野真紀子
菱田光彦
黒沢 淳
石橋 冠
長谷川康夫
吉本昌弘
キャスト
江口洋介
眞島秀和
ミムラ
木村多江
小澤征悦
佐藤B作
市毛良枝
柄本 明(特別出演)
草笛光子
高橋克実
なぜ君は絶望と闘えたのか
概要:
どんな絶望の淵にいても、人は人に支えられ、強くなれる。やがて、大きな司法の壁に立ち向かった無力な青年の思いは奇跡を起こす。最愛の家族を奪われた青年と、孤独なジャーナリストが織り成す感動物語―。

このドラマは、1999年に起きた光市母子殺害事件を追った記者、門田隆将氏の著書『なぜ君は絶望と闘えたのか 本村洋の3300日』(新潮社刊)をもとにフィクションで作られた、感動の物語である。加害者に手厚く、被害者遺族を蔑ろにする司法や少年法。その矛盾に立ち向かった、悩めるジャーナリストと若き被害者遺族。彼らの毅然とした生き方、そして人生をも変える真の友情を力強く描いている。
18歳の少年に妻子を殺された深い哀しみの中、幾度となく司法の厚い壁に跳ね返されながらも、その矛盾に敢然と挑み続ける1人の若き青年。この青年が抱える、家族を守れなかった無念、そして失った家族への深い愛情は、司法をも変えていくこととなる。
 監督には、斬新な手法と力のある演出で「刑事一代」などの名作を手掛けた石橋冠、主演には実力派俳優の江口洋介を迎え、社会に一石を投じる、骨太な、人間賛歌とも言える本格派ヒューマンストーリーをお届けする。
アジア賞
JIN-仁-
製作著作
放送期間

分数×話数




原作

プロデューサー

演出


脚本
















TBSテレビ
2011年4月17日
〜6月26日
54分×全11話
(第1回:123分
第2話、第4話:59分
第10話:64分
最終回:108分)
「JIN」村上もとか
(集英社)
石丸彰彦
中井 芳彦
平川雄一朗
山室大輔
那須田 淳
森下佳子
キャスト
南方仁:大沢たかお
橘咲:綾瀬はるか
野風、友永未来(2役):
中谷美紀(特別出演)
坂本龍馬:内野聖陽
    
橘恭太郎:小出恵介
佐分利祐輔:桐谷健太
山田純庵:田口浩正
福田玄孝:佐藤二朗
    
橘栄:麻生祐未
勝海舟:小日向文世
JIN-仁-
これまで「東京ドラマアウォード」は、“世界に見せたい日本のドラマ”というコンセプトのもと、 売り手側の視点で賞の選考を行うことにより、世界水準で優秀な作品を選奨することができましたが、 そうして選ばれた作品が必ずしも番組販売につながっているわけではありません。 こうした点を踏まえ、従来の選考とは別に、実際に日本の作品を購入しているアジアのバイヤーの方々による投票をもとに、 “海外のマーケットで売れる作品”を「アジア賞」として表彰しています。
ローカル・ドラマ賞
見知らぬわが町
制作著作
放送日
分数
原案

統括プロデュース
プロデューサー
演出
脚本










NHK 福岡放送局
2011年5月5日
73分
中川雅子「見知らぬわが町
 1995 真夏の廃坑」
有田康雄
桶谷武史
清水拓哉
羽原大介
キャスト
忽那汐里
杉本哲太
いしだあゆみ
小林勝也
高橋一生
山野 海
山下 晶
酒瀬川真世
川口大樹
鈴木新平
見知らぬわが町
概要:
福岡県大牟田市。かつて炭鉱で栄えたこの町の団地に暮らす父と娘。娘の竹本望美は、不登校に悩む16歳の高校一年生。
夏休み最後の日。明日から学校が始まってしまう。望美は憂鬱な気分を振り払うかのように自転車で町外れに出掛け、 そこで初めて目にした巨大な廃墟に心を奪われてしまう。それは、この町の過去の象徴とも言うべき、炭鉱のヤグラだった。
望美は炭鉱の痕跡を求めて町を彷徨い始める。閉山後の町を取材する新聞記者との出会いや、市立図書館での忘れられた 資料の発見によって、望美はどんどん町の過去にのめりこんでいく。一方、無口で一徹な父・正一は、不況のあおりを受 け勤め先の自動車修理工場をリストラされる。出勤するふりをしてハローワークに通うが、なかなか次の仕事を見つけられない。
望美の祖父母は同じ町に暮らしているが、正一とは疎遠になっていた。祖父・勝男も炭坑労働者のひとりだったが、坑内 で爆発事故にあい、COガス中毒の後遺症に苦しんでいる。そんな夫を見守り明るく支え続けてきた祖母・絹子。勝男と 正一の間には望美の知らない過去の確執があった。見知らぬわが町を巡る望美の旅は、やがて家族の真実の物語に重なっていく。
ニセ医者と呼ばれて〜沖縄・最後の医介輔〜
制作著作
制作協力
放送日
分数
統括プロデュース
プロデューサー

演出
脚本










読売テレビ放送
日テレアックスオン
2010年12月9日
89分
堀口良則
岡本浩一
大森美孝
国本雅広
遊川和彦
キャスト
堺 雅人
寺島しのぶ
尾野真千子
阿部 力
今井雅之 
津川雅彦
ニセ医者と呼ばれて〜沖縄・最後の医介輔〜
概要:
 第二次世界大戦で激烈な戦場と化した沖縄では、戦後、深刻な医療不足に悩まされ、衛生兵や医師助手などが代用医師として、 医療行為にあたった。「免許を持たない医師」、それが「医介輔」。
このドラマは今までほぼメディアで語られてこなかった「医介輔」という存在にスポットをあて、 「最後の医介輔」と呼ばれた宮里善昌さん(ドラマでは宮前良明)の60年にわたる苦難の人生をモデルに、 医療の原点である「医者と患者との絆」を描いた。
 1959年、主人公の良明は戦争の爪あとが残るアメリカ統治下の沖縄で、妻のハナに支えられながら、 医療費を満足に取ることもなく、毎日、多忙な診察を行っていた。一人でも多くの命を救えたらと 「医介輔」になったが、同時に本当の医者ではないが故の苦悩も抱えていた。
 夫の子供かレイプされた米兵の子供か分からず悩む妊娠患者に良明は産んでほしいと願ったが、 生まれてきたのは黒人のハーフ。怒った夫は家出し、患者も自殺してしまう。良明は自分を責め続け、 辞める覚悟をする。が、妻のハナは「あなたにしか出来ない治療がある」と言い放ち、多くの村人達は 「先生辞めないで」と集まってくる。その言葉に支えられ、良明は引退する2008年まで、「最後の医介輔」 として沖縄の地で診察を続けた。
個人賞
主演男優賞
二宮和也
二宮和也
「フリーター、
家を買う。」
フジテレビジョン
主演女優賞
鈴木京香
鈴木京香
「セカンドバージン」
日本放送協会
主演女優賞
芦田愛菜 
芦田愛菜 
「マルモのおきて」
フジテレビジョン
「さよならぼくたちの
ようちえん」
日本テレビ放送網
助演男優賞
内野聖陽
内野聖陽
「JIN−仁−」
TBSテレビ

助演女優賞
満島ひかり
©藤原康利
満島ひかり
「モテキ」
テレビ東京
「さよならぼくたちの
ようちえん」
日本テレビ放送網
脚本賞
大石 静
大石 静
「セカンドバージン」
日本放送協会
演出賞
和泉聖治
和泉聖治
「相棒 season 9」
テレビ朝日

プロデュース賞
橋本芙美
橋本芙美
「フリーター、
家を買う。」
「マルモのおきて」
共にフジテレビジョン

特別賞

「JIN−仁−」制作スタッフ
「JIN−仁−」制作スタッフ