archive

2015年実績/海外招待作品
海外ドラマ特別賞
インドネシア  「娘のしあわせ」
娘のしあわせ ©SinemArt
放送局
制作
放送期間
放送時間
プロデューサー
監督
原案
脚本







RCTI
SinemArt
2014年8月4日(月)
91分x1本
レオ・スタント
マルリ・アラ
ジュジュル・プラナント
ジュジュル・プラナント
キャスト
ユキ・カトウ
(ペルマータ)
ミーシャ・チャンドラウィナタ
(サプトラ)
ノファ・ソラヤ
(レイラ)
ユリッタ・パラール
(イエニー)
ウマール・ルビス
(アルディアンシャ)
チュッ・メメイ
(シェルリー)
フォニー・コルネリヤ
(フェミー)
フィルマン
(フィルマン)
アティヤ・シャハブ
(ペルマータ小学時代)
ハディジャ・シャハブ
(ペルマータ幼少時代)
ほか
受賞歴:

2014年バンドン映画祭 テレビ映画部門 主演女優賞(ユキ・カトウ)

概要:
 日本人を父に持つインドネシアの若手女優、ユキ・カトウがシングルマザーの娘役を好演し話題を呼んだテレビ映画。
 レイラは、小さな屋台を切り盛りしながら女手ひとつで娘ペルマータを育ててきた。小さな頃から利発だったペルマータは、美しく聡明で母思いの娘に成長した。娘なら自分とは違う未来をつかんでくれる!ペルマータが一流大学への奨学金を得ると、レイラは屋台を手伝いたいと言う娘の願いに耳を貸さず、家から追い出してでも娘に進学を決意させる。
 そんな中、ペルマータは裕福なビジネスマンの息子サプトラと大学で出会い、2人は恋に落ちる。しかし、母のホステスとしての過去が原因で2人は別れることに。
 娘の恋の障壁になってしまったことで自責の念にかられるレイラは、娘の父親ではないかと長年疑っていた上流階級の男性、アルディアンシャを探し出し、手紙でDNA鑑定を懇願する。晴れて父との再会を果たし、さらにはサプトラのプロポーズを受けるペルマータ。娘が幸せをつかんだのを見届けたレイラは、自分が娘の結婚の邪魔にならないよう、そっと身を引くのだった。晴れて結婚式の日を迎えたペルマータは、式場に母の姿を探すが・・・。
 制作は、東京ドラマアウォード2014で海外作品特別賞を受賞した「おかゆ屋がメッカ巡礼へ」のレオ・スタント。監督は、映画編集者出身でインドネシアのテレビ・映画界で活躍を続けるマルリ・アラ。脚本は、2002年インドネシアで公開され250万人以上の観客動員を記録した青春映画『ビューティフル・デイズ』(2005年日本公開)のシナリオを手がけたジュジュル・プラナント。
韓国  「ミセン~未生~」
ミセン~未生~ ©CJ E&M Corporation, all rights reserved
放送局
制作
放送期間

番組尺

監督
脚本







tvN
Number 3 Pictures
2014年10月17日~
12月20日
約65分 × 20話
(第1話のみ90分)
キム・ウォンソク
チョン・ユンジョン
キャスト
イム・シワン
(チャン・グレ)
イ・ソンミン
(オ・サンシク)
カン・ソラ
(アン・ヨンイ)
カン・ハヌル
(チャン・ベッキ)
ピョン・ヨハン
(ハン・ソンニュル)
キム・デミョン
(キム・ドンシク)
ほか
受賞歴:

・ソウル国際ドラマアワード2015
 ミニシリーズ部門最優秀作品賞

・2015年ケーブルテレビ放送大賞
 大賞/プロデューサー部門 (キム・ウォンソク)/俳優部門「スター」賞(イム・シワン/カン・ハヌル)

・第51回百想芸術大賞
 TV部門演出賞(キム・ウォンソク)/男性演技賞(イ・ソンミン)/新人男性演技賞(イム・シワン) 

概要:
 2014年の韓国で、大ヒット作「星から来たあなた」に次いで、コンテンツパワー指数ランキングの2位に輝き、数々のドラマ賞も受賞、「ミセンシンドローム」なる言葉まで生まれるほどの社会現象を起こした大人気コミックを原作としたドラマ。父親の死により棋士の夢をあきらめ、26歳になってもバイトに明け暮れていた満足な会社経験も学歴もない青年チャン・グレが母親のつてにより、大手商社のインターンとして入社。会社の中で様々な経験を重ねながら成長していく様をグレの同期、先輩の姿を合わせ描く。
視聴率も回を追うごとに上がり、最終話でケーブルテレビでは異例の10.3%を記録(ケーブルテレビ歴代視聴率第2位)。主演は、アーティストグループZE:Aのメンバーとして音楽活動をしながらも、映画『弁護人』やドラマ「太陽を抱く月」など、俳優活動でも注目されるイム・シワン。彼は『弁護人』で共演したソン・ガンホに「驚くべき演技力を披露した」と大絶賛されたほか、同世代の“演技ドル”パク・ユチョンやイ・ジュンからも“俳優のライバル”と指名されるほどの存在。百想芸術大賞では新人演技賞を見事に受賞。ドラマでは、彼の成長物語だけでなく、同じく百想芸術大賞で最優秀演技賞を受賞したイ・ソンミン演じる不器用だが仕事にひたむきな上司のオ・サンシクや、カン・ソラ演じる優秀だが男社会の中でその才能がなかなか生かせない紅一点の同期アン・ヨンイのリアルなエピソードもあり、新人、上司、女性など、働くどの立場の人にも広く共感された。

-DVD情報-
セルDVD(全2BOX) BOX1 10月28日、DVD-BOX2 11月27日発売
(発売元・販売元:エスピーオー)
レンタルDVD〈テレビ放送版〉(全17巻) ※TSUTAYA先行レンタル!
Vol.1~Vol.6 2015年11月3日、Vol.7~Vol.12 12月2日、Vol.13~Vol.17 2016年1月6日 
(発売元・販売元:カルチュア・パブリッシャーズ)
タイ  「サミー・ティートラ~夫の証~」
サミー・ティートラ~夫の証~ ©Channel3
放送局
制作

放送期間

放送時間


番組尺
プロデューサー

監督

原作
脚本














Channel3
Thong Entertainment
Co., Ltd.
2014年2月19日~
4月2日
20:15~22:45
毎週水曜・木曜日 
(全13回)
105分×13本
エーン
・トーンプラソム
アムパイポン
・ジットマイゴン
ナーウィカー
ワンウィパー
・サームガームジェム
キャスト
タナワット・ワッタナプティ
(ピスット)
チューマン・ブンヤサック
(ガラット)
ワラッタヤー・ニンクーハー
(サーイナムプン)
ジャロン・ソーラット
(シワー)
ディアナー・フリーポー
(ガンター)
マユラー・サウェートシラー
(ヌアプレー)
ジャリヤー・エーンフォーネー
(プアンヨック)
ピサマイ・ウィライサック
(モム・マルリー)
トゥーン・ヒランヤサップ
(グリット)
サンティスック・プロムシリ
(ターンチャーイ・オット)
スプラワット・パトムスート
(バンチャー)
受賞歴:

・第6回ナタラジャ・アワード(2015):
 ドラマ部門作品賞/監督賞/助演女優賞/キャスト賞/脚本賞/歌曲賞

・第29回TVゴールド・アワード(2015):
 助演女優賞

概要:
 本作で3度目のドラマ化となる人気シリーズ。タイ・チャンネル3で放送された作品の中で年間最高視聴率(14.9%)を記録。国内の主要なテレビ・ラジオ番組への賞であるナタラジャ・アワードでは作品賞、監督賞をはじめ主要6部門を受賞した2014年タイ放送界を代表する大ヒット作。
 高慢で高飛車でワガママな金持ち娘・ガラット。3人目の夫が車の事故で突然亡くなったと思ったら、13年来の親友サーイナムプンは、その夫の子供を身ごもっていた。失意の中、出会った男性ピスット。これまでの夫たちのように財産目当てでも自分の美貌目当てでもない、自然体の彼にガラットは惹かれていく。夫婦として絆を深め、ようやく幸せがガラットに訪れたと思われたその時、縁を切ったはずの悪女・サーイナムプンが再び現れ、彼女の結婚をつぶそうと策略をめぐらせる・・・。
 2度目のドラマ化(2001年)の際に主役を演じた、タイを代表する女優エーン・トーンプラソムが自らプロデュースしたことでも話題に。監督は”メロドラマ”で定評のあるベテラン女性ディレクター、アムパイポン・ジットマイゴン。また、あらゆる色仕掛けでガラットの幸せを壊そうと画策するサーイナムプン役に、初めての悪役挑戦となる人気実力派女優のワラッタヤー・ニンクーハーを起用。タイを代表するナタラジャ・アワードとTVゴールド・アワードで助演女優賞をダブル受賞するなど、その演技は高く評価された。