「民放の日」は、ラジオ16社に民放初の予備免許が与えられた1951年4月21日を記念したものです。同年9月1日に名古屋の中部日本放送(現・CBCラジオ)と大阪の新日本放送(現・毎日放送)が本放送を開始したのを皮切りに、全国で次々と民放ラジオが開局しました。

かつて「電波は政府専掌」であり、社団法人日本放送協会が独占的に放送を行っていました。第2次世界大戦後、電波の民間開放が進められ、1950年に電波法、放送法、電波監理委員会設置法のいわゆる電波三法が施行されました。同年、NHKは国の出資を受けず受信料制度によって放送を行う特殊法人として新発足しました。51年の民放開局以降、全国に向け公共放送を行う日本放送協会(NHK)と、広告収入を柱とする民間放送の併存体制がスタートしました。

1951年、日本初の予備免許を受けたラジオ16社が集まり、日本民間放送連盟(民放連)を創立しました。52年には社団法人となり、2012年、一般社団法人に移行しました。現在、ラジオ・テレビ・衛星系を合わせ全国207社の会員社が一丸となって、よりよい放送をめざして活動しています。

民放第一声を伝えたマイク

初の民放開局を告げる
中部日本放送のポスター

民放でつながる絆

民放テレビ、ラジオがつなぐ「絆」について、
別所哲也さんと田中里沙さんに
動画インタビューで語っていただきました。

俳優・キャスター  別所哲也

視聴者・聴取者の方との繋がりや、発信者として心がけていることを語ってくださいました。

プロフィール

90年、日米合作映画『クライシス2050』でハリウッドデビュー。米国映画俳優組合(SAG)メンバーとなる。 その後、映画・TV・舞台・ラジオ等で幅広く活躍。99年より日本発の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル」を主宰。

株式会社宣伝会議取締役副社長兼編集室長、事業構想大学院大学学長 田中里沙さん

民放が地域社会や世界とのつながりの中でできること、民放に望むことを語ってくださいました。

プロフィール

広報・マーケティングの専門雑誌「宣伝会議」編集長、編集室長を務め、取締役編集統括(現職)。企業トップ、宣伝部門、広告会社、メディア等への取材、執筆を行う。現在は新規事業、事業承継、地方創生の研究と人材育成を行う事業構想大学院大学(2012年文部科学大臣認可・学校法人先端教育機構)の教授を兼任し、2016年より学長に就任。「クールビズ」ネーミング、2020エンブレム委員、伊勢志摩サミットロゴマーク選定委員等国や地域の審議会等委員、テレビ情報番組コメンテーターも務める。

知ってる?放送が届くしくみ

放送局は、制作した映像や音声を電気信号に変換し、
電波塔などの送信所に送ります。
その電気信号が電波として各家庭へ送られて、
私たちは放送を楽しんでいます。
一口に放送と言っても、いろいろな種類があります。

?

QUIZ
民放に関するクイズにいくつ答えられるかな?
これから5問出題するので探してみてね!
解説はこのページの一番下を見てね。

BS放送・CS放送
人工衛星を使って電波を送り、
日本全国向けの放送を行っています。

中波放送、短波放送、超短波放送
日本のラジオ局が放送している電波は大きく分類すると、 AMラジオ(中波放送)・短波ラジオ(短波放送)・FMラジオ(超短波放送)の3種類があります。

Q

緊急地震速報が放送されるのは震度何以上が予想される地域?

震度3以上

震度4以上

震度5弱以上

地上テレビ放送
地上に建設した電波塔を経由して、
限られたエリアに向けた放送を送っています。

Q

「デジタル放送」に完全移行したのはいつから?

2000年

2012年

2013年

right_buildings left_buildings

電波塔
ラジオ放送、地上テレビ放送、
V-Lowマルチメディア放送は、
地上に建設した電波塔から各エリアに向けて
放送波を送っています。
アンテナでその電波を受信し、
ラジオ・テレビなどの受信機を使って
映像や音声を楽しむことができます。

V-Lowマルチメディア放送
主に移動体端末
(例えばスマートフォンや
タブレット端末、カーナビ等)
向けの新しい放送です。

ケーブルテレビ
電波を用いず、
有線でケーブルテレビ会社から
放送局の番組等を届けています。

Q

1978年に打ち上げられた初の実験用放送衛星の名前は?

ゆり

こすもす

かえで

1951

4月、民放中波ラジオ16社に最初の予備免許
7月、日本民間放送連盟(民放連)が発足
9月、中部日本放送(現・CBCラジオ)と新日本放送(現・毎日放送)が開局。続いて同年中に民放ラジオ4社開局

1952

7月、日本テレビに最初のテレビ局予備免許

1953

8月、日本テレビが民放初のテレビ放送開始

1954

8月、日本短波放送(現・日経ラジオ社)開局。
唯一の民放短波局

1958

東京タワー竣工、営業開始

1959

皇太子殿下ご成婚で、テレビ受信契約数急増

1960

民放4社とNHK、カラー放送スタート

1963

11月、日米テレビ衛星中継実験中に米ケネディ大統領暗殺事件詳報、在京社はじめ各社特番編成

1967

郵政省、UHFによる民放の全国複数化を掲げる

1968

5月、琉球放送と沖縄テレビがカラー放送開始。全民放のカラー化が完了
8月、初の民放UHF局・岐阜放送が開局

1969

5月、民放連とNHK、任意団体「放送番組向上協議会」設置
7月、アポロ11号人類初の月面着陸を全世界で生放送
12月、初の民放FM局・愛知音楽エフエム放送
(現・エフエム愛知)開局

Q

日本のラジオ局が放送している電波は何種類ある?

2種類

3種類

4種類

1975

媒体広告費、テレビが新聞を抜き首位に

1976

日本ビクター、VHS方式の家庭用VTR発売

1978

初の実験用放送衛星「ゆり」打ち上げ
9月、日本テレビがテレビ音声多重放送(実用化試験局)開始。
同年中に民放3社とNHKでもスタート

1985

テレビ文字多重放送開始

1986

郵政省、民放テレビの全国4波化方針を決定

1987

NHK-BS1、24時間放送開始

1988

NHKと民放の併存体制に即し放送法大幅改正

1989

1月、昭和天皇逝去。
民放各社は2日にわたり特別編成

1991

3月、セント・ギガ、初の衛星デジタル音声放送開始
4月、日本衛星放送(現・WOWOW) 本放送開始

1992

中波ステレオ放送、東阪5社でスタート
日本初のCSテレビ放送6チャンネルがスタート

1994

FM文字多重放送開始

1995

【1月17日、阪神・淡路大震災発生】
10月、初の外国語FM放送・関西インターメディアが開局

1996

10月、初のCSデジタル放送「パーフェクTV!」本放送開始

1997

郵政省、地上テレビ放送のデジタル化を発表
5月、民放連とNHK、
「放送と人権等権利に関する委員会機構(BRO)」設置

2000

12月、BSデジタル放送開始

2002

110度CSデジタル本放送開始

2003

7月、放送番組向上協議会とBROが統合し、
「放送倫理・番組向上機構(BPO)」に
12月、3大広域圏で地上デジタルテレビ放送(地デジ)開始

Q

「青少年に見てもらいたい番組」はいくつある?
(2017年秋公表)

52番組

128番組

1,018番組

2006

4月、「ワンセグ」が東名阪など民放30局とNHKで開始
12月、地上民放テレビ全127社が地デジを開始

2010

IPサイマルラジオ「radiko.jp(ラジコ)」
試験配信を経て、本配信開始

2011

【3月11日、東日本大震災発生】
7月、東北3県を除く44都道府県の地上テレビが
デジタル放送に完全移行
10月、BS放送に新規12チャンネルが開局し、
17事業者24チャンネルに

2012

3月、岩手、宮城、福島で地上テレビがデジタル放送に完全移行。
全国の地デジ化が完了
民放連、一般社団法人に移行。英文略称は「JBA」に

2013

5月、在京テレビ6社、東京タワーから
東京スカイツリーへの送信所移行を完了

2014

4月、地域を越えてラジオ番組を聴取できる有料サービス
「radiko.jp プレミアム」がスタート
12月、全国に先駆けて、北日本放送、南海放送で
AMラジオ放送のFM補完放送(ワイドFM)が始まる

2015

10月、在京民放5社による公式テレビポータル
「TVer」がスタート

2016

3月、東京、大阪、福岡でV-Lowマルチメディア放送
「i-dio」の放送開始

10月、ラジコタイムフリー聴取機能・シェアラジオの実証実験開始

2017

1月、BS・CSの4K・8K実用放送 11事業者を認定

知っておきたい「緊急地震速報」の知識

災害が発生したとき、何よりも必要なものは「正確な情報」です。
被害の状況や安全を確保するための情報をいち早く、同時に、
大勢の人たちに届けることができるのが、
テレビやラジオという放送メディアの大きな強みです。
民放各社は、視聴者・聴取者皆さまの生命・財産を守るため、
いつ災害が発生しても即時に対応できるように態勢を整えています。

災害の発生時には地域の皆さまに的確な情報を迅速に届けるため、特別番組の放送やL字型画面での情報提供など、生活に必要な情報を常に伝えるための放送を行います。
災害時、停電などでテレビの受信ができない場合でも、ラジオで必要な情報を受信することが可能です。

緊急を要する地震の際には、警報音とともに緊急地震速報を放送します。緊急地震速報は、震源地近くで揺れをキャッチし、これから来る強い揺れを気象庁が瞬時に予測、警戒を呼びかけるものです。
民放各社では、気象庁が緊急地震速報を発表した場合、「強い揺れ」がくると予想される地域に、速報を流します。
緊急地震速報は秒を争う「速報」のため、通常番組、コマーシャル、提供クレジットを放送中でも、通常の放送にスーパーや音声を重ねて放送します。

テレビでは

緊急地震速報(推定震度5弱以上)が発表された場合、「強い揺れ(震度4以上)」がくると予想される地域に速報テロップを流します。強い揺れが予測される地名を出すとともに、必要に応じて地図を表示します。

ラジオでは

緊急地震速報(推定震度5弱以上)が発表された場合、「強い揺れ(震度4以上)」がくると予想される地域に速報を流します。
走行中の車内で緊急速報を聞いた場合、急ブレーキ等による事故などの二次災害の可能性を考慮し、首都圏など一部民放ラジオ局では「推定震度5強以上」の場合に速報を流すこととしています。

震源に近い場所では
間に合わない場合もあります

緊急地震速報は、発表されてから強い揺れが来るまでの時間が短いため、震源に近い場所では緊急地震速報が間に合わない場合があります。

緊急地震速報が放送されたら

緊急地震速報が放送されてから強い揺れがくるまでの時間は、数秒から長くても数十秒と大変短い時間です。
周囲の状況に応じて、必要以上に慌てずに身を守るための行動を取るようにしましょう。

このページの中には5個のクイズがちりばめられています。
ぜひ見つけて、回答してください。
結果はこの下に表示されます。
まだ回答していない方は、ぜひ、クイズにトライしてみてくださいね!

5問中0問正解です!

正解をみる