Contents:食品

シャウエッセン・美味なる音実感ツアー

広告主 日本ハム
放送局 文化放送
実施期間 98年12月6日
課題・目的  顧客への直接的なアプローチと番組連動による話題性で「シャウエッセン」ブランドの鮮度アップ
企画意図  「シャウエッセン」の美味しさとその「音」を顧客に直接実感してもらうため、参加型のイベントを実施。番組も連動して生中継し、ラジオとイベントという立体的な展開での訴求を目指した。
企画概要  池袋サンシャインシティ広場で試食会、クイズ、ゲームなどのイベントを展開。ゲストはCFに登場する竜雷太を招き、生ワイド「にちよう道楽王」内でイベントの模様を生中継した。
中継では、ステージ上で実際に商品をボイルして、あつあつのシャウエッセンを食べる様子を放送し、商品の美味しさを「音」で伝えた。ソーセージの「パリッ!」という独特の音を伝えるのに絶好のメディア、ラジオを使ったことで、シズル感のあるプロモーションができた。
成果・評価 「当社としては、このような街頭イベントは初めての試みでした。期待どおりのターゲット層にアプローチできたことで、機動性に富むラジオ媒体の新活用という新しいPR方法の可能性を感じます。」(日本ハム広告宣伝室)

原稿作成:99年4月