Contents:食品

名鉄パレ 食品流通企画「あっパレフェア」

広告主 キッコーマン
放送局 東海ラジオ放送
実施期間 99年1月29日〜99年2月3日
課題・目的  国内最大手の醤油メーカー。醤油のみならず、つゆ、たれ、ワイン、トマト製品と多角化し、海外進出も順調だが、日本人の嗜好変化により醤油販売が下がり気味である。 今回は、その醤油の売り上げ増とキッコーマンのつゆ、たれの愛好者を増やし、合わせて名鉄パレのユーザーに、キッコーマンをアピールするのが目的。フェア対象品は「丸大豆しょうゆ」「新撰焼肉赤と黒だれ・黒だれ」「本つゆ」「本みりん」の4ブランド。
企画意図  これまでの先行他局の実施例を調べた結果、陳列スペースを他局のワゴンなどより大幅に広げ、メーカーにとって、より魅力あるものにする。
愛知・岐阜・静岡に3店舗の百貨店と30店舗の食品量販店を持つ東海地区上位の食品流通店「名鉄パレ」とタイアップすることで、協賛メーカーには確実に売り上げを伸ばしてもらう。また、この企画に協賛していただくことで、そのメーカーと名鉄パレとの関係を、より密接なものにしてもらう。こうしたことにより従来テレビ志向だった食品メーカーにラジオの媒体力を再認識してもらう。
企画概要  名鉄パレでは、推奨販売期間中ゴンドラエンド丸ごと1本に平台、エル台をセットし、その両側には「東海ラジオ・名鉄パレ あっパレフェア」の幟を立て、協賛メーカーの対象商品(3〜4ブランド)を満載して特別推奨販売。また、あっパレフェアのコーナーをユーザーにアピールする店頭テープをコーナーで流すほか、全店80万部のチラシに「あっパレフェア○○まつり」として対象商品の広告を掲載。
一方、東海ラジオでは、フェア告知30秒CMで対象商品を紹介する以外に、フェアに触れない対象商品の20秒CM(純広)を放送。またフェア初日(前日)にラジオカーが名鉄パレ(メーカーの支店)を訪問し、店長とメーカーの名鉄パレ担当者にインタビューして「あっパレフェア○○まつり」をPRする生中継を行う。
※同様な企画の実施局はSTVラジオをはじめ多数あり。
成果・評価  期間前と比べ、主力商品の「丸大豆しょうゆ」が8.3倍、「新撰焼肉赤と黒だれ・黒だれ」が4.8倍、「本つゆ」が3倍の売り上げを示した。 キッコーマン中部支社 名鉄パレ担当 中村訓康氏「今回のタイアップセールは、売り上げ面での効果は言うまでもなく、競争の激しい市場環境の中で価格競争ではない"付加価値商品をアピールできる素晴らしい企画"であったと思います。"醤油と本みりんの1対1でのメニュー訴求""本つゆの汎用性""焼肉のたれ本格味"をお店の協力も頂戴して、広くお客様にアピールできました。」
※この他協賛メーカー:日清食品、キユーピー、海苔の大森屋の各社とも対象商品により2倍から10倍の売り上げ増となっている。

原稿作成:99年4月