Contents:自動車・関連品

CROSS RENDEZVOUS SPECIAL EDITION
NEW シルビア スカイラインGT−R 発売記念"POWER CRUSIN'"

広告主 日産プリンス福岡販売
放送局 エフエム九州
実施期間 99年1月23日 13:00〜18:00
企画意図  ニューモデルが発売されるとユーザー及びカーマニアは必ずと言って良い程、ディーラーのショールームを訪問するため、その特定された層にはディーラーのショールームの所在地の認知度は非常に高く、訪問する事自体にも抵抗がない。しかしながら、一般的なリスナーはディーラー自体が何をする所かも知らない程の認識しかなく、ニューモデルには興味があってもショールームには何かの「きっかけ」がない限り、訪問する機会には恵まれないという状況がある。その「きっかけ」をFMラジオという媒体で創造すること。そして、ディーラーを訪問することの喚起。さらに、発売されたばかりのニューモデルの販売促進につなげられれば、そんな願いを込めた企画である。
企画概要  CROSS RENDEZVOUS SPECIAL EDITION NEW シルビア スカイラインGT-R 発売記念"POWER CRUSIN"と題して、ゲストに恋愛信号を迎え、ディーラーのショールーム内に特設ステージを設けて、公開生放送を平成11年1月23日(土)13:00〜18:00の5時間実施した。
 番組内容は、車内での聴取を意識した洋楽・邦楽のドライブに適した選曲と週末のレジャー情報を中心に構成。また、番組内でディーラーの販売促進課の担当者自らにご出演いただき、ニューモデルのスペックや特徴等についてもインタビューを実施しながら番組を進行した。
 会場内にはステージ脇にリクエストBOXを設置、リクエスト曲を番組に反映させた。ディーラー店内ということもあり、展示スペースとの兼ね合いもあり、2階部分は商談コーナーとして、通常業務に支障がないように配慮した。
告知手段は、日産車のユーザーへのダイレクトメール、ディーラーのB4サイズの新聞折込チラシと、クロスFMの番組宣伝告知スポットを実施日の約7日前に実施した。
成果・評価  ディーラーの販売促進担当者からは、「通常新車発表会を行っても、同モデル旧年式のユーザーか、いわゆるカーマニアしか来店がなく、手応えを感じていなかったが、今回のFMラジオ媒体を立体的に使用して通常のディーラーへの来店客とは異なった客層へのアプローチがスムーズにできた」という声があった。
具体的には、「来店客数は通常の新車発表会の約3倍近く、商談、試乗の希望者も記録的であった」との報告を受けた。特に、女性同士のグループによる来店とカップルでの来店が多かった点は過去にも例がなく、評価が高かった。
 放送日前日には、ディーラーの所在地を問い合わせる電話が数多く寄せられ、場所の認知アップという命題は、結果的にも充分にクリアーできた。
また、面白かったのが、放送を開始してから、車内で放送を聞いて車で来場するリスナーが多く、幹線道路に面したディーラーショールーム前が一時的に渋滞する事態になり、ディーラー側から、駐車場への誘導のため整理要員を出さなければならなくなった事もあった。
 広告主からは、「ユーザーにダイレクトに訴求ができたレスポンスが感じられ、ドライバー=FMラジオというメディアの特性を生かした企画が的中した。ディーラーの販売促進計画は、どうしても従来型のテレビ、新聞媒体主導型のプランになりがちですが、ラジオの有効性について改めて認識しました」とのコメントをいただいた。

原稿作成:99年4月