Contents:流通・小売業

ニッポン放送「ヤマダオムライス」誕生!

広告主 サンクスアンドアソシエイツ
放送局 ニッポン放送
実施期間 99年2月16日〜99年3月1日
課題・目的  企画商品の販売や話題作りにかけては数々の実績を持つサンクスが、お弁当企画での更なる話題作りを目的とし、ヤング主婦とOLをメインターゲットにオリジナル商品を開発。ラジオ媒体での販売促進企画や話題作りで成功を収める。
企画意図  ヤング主婦、OLに絶大なる人気を誇るニッポン放送午前帯番組『邦ちゃん・サクちゃんのワンダフルりくえすと・ヤマダマイハウス』のリスナー喚起として、パーソナリティの山田邦子のアイデアや、リスナーのアイデアをふんだんに入れ込んだ「商品開発」を実施、商品を通じて番組の「身近さ」「目新しさ」「信頼感」をアップさせる。この意図がスポンサーのニーズとうまく合わさってオリジナルお弁当の企画が成就した。
企画概要  『邦ちゃん・サクちゃんのワンダフルりくえすと・ヤマダマイハウス』(月〜金・朝8:30〜11:00)で「番組のオリジナル商品を作りたい」という欲求に、サンクスより「邦子さんのアイデアでお弁当を作りたい」という依頼があり、企画会議を重ねた結果、「ヤマダ・オムライス」が誕生。山田邦子こだわりのトマトケチャップや卵シートの中が2種類の味付けライスになっているなどアイデア盛り沢山に加えて、リスナーの参加意識を高めるために番組コーナー企画で人気の「食べ物ダジャレ」をリスナーのペンネーム入りでミニカードにして添付。オムライスを食べながらダジャレで和んでもらおうというもの。 首都圏1060店舗で、2月16日〜3月1日の2週間限定発売(定価430円)でスタート。発売週には1週間ぶっ通しで、各店舗前からの生中継も実施した。
成果・評価  発売日当日から番組には「どの店でも手に入らない、どこにまだ残っているか」など問い合わせFAXが殺到、限定期間中ほぼ連日売り切れを記録。その結果「オムライス」というなかなか定番商品とは言えないものが、通常の何と4〜5倍の売れ行きを見せる結果となった。この結果を受けて、サンクスからアンコール販売を実施したいとの申し出があり、3月14日〜4月5日の3週間、それも全国約2380店舗での販売が決定した。

原稿作成:99年4月