Contents:交通・レジャー

スキー場PRにMAP配布+スポットCM+番組紹介

広告主 長野県内スキー場各社 ほか
放送局 長野エフエム放送
実施時期 95年11月〜96年3月
テーマ MAP配布+スポットCM+番組内ゲレンデ紹介
企画概要 「スノーボードマップ・イン・信州」
発行部数:3,000部 B2判(たて110cm×よこ103cm)
写真1点、シーズン営業時間、リフト料金、ボード使用条件等を記載
☆ 配布方法
@告知スポット(郵送依頼100部)
A番組におけるリスナー・プレゼント
B情報誌パブリシティと読者プレゼント
C東京〜長野、大阪〜長野間におけるスキーバスでの配布
D その他 RVショーで配布(名古屋) 3,500部
サテライトスタジオで配布(福岡) 100部
スノーボードショップ配布(県内) 500部 など
☆ 協賛メリット
@20秒スポットCM40〜48本オンエア(95年11月〜96年3月)
Aゲレンデインフォメーションへの優先取材(95年12月〜96年2月)
Bワイド番組におけるスキー場紹介
成果・評価  県内での知名度アップを図るためスノーボード企画に参加した。企画そのものが若者対象であったためか、地元のスノーボーダーがぐんと増えた。また、シーズン中、FM長野でのスキー場紹介番組などにより、幅広い広告展開ができたと同時に、FMという媒体がスキー場における広告媒体として有効であることを感じた。(松原湖高原開発)
ポイント  FM長野のコアリスナーとスノーボーダーが層として一致していることと合わせ、マップ配布と放送が連動したことで浸透力が高まりイメージアップのみにとどまらず、実際に協賛スキー場のスノーボーダー数も増加した。

原稿作成:99年04月