Contents:交通・レジャー

「よさこいソーラン祭り」を独自企画で拡大

広告主 すすきの観光協会、NEC、雪印乳業
放送局 エフエム北海道
実施時期 96年6月7日〜8日
企画概要
「よさこいソーラン祭り」
108チーム/15,000人参加 観客動員数100万人
札幌市内各地および日高、旭川など
「YOSAKOIススキノ」
96年6月7日〜8日/19:00〜23:00
観客動員数15万人 すすきの南5条交差点
<協賛企業>すすきの観光協会/NEC/雪印乳業
スポンサーフラッグ作成、大画面TVでのCM露出、20秒スポット、
サンプリング など
評価  盛り場というのは多くの人が集まってこそ成り立つものだが、低迷が続く日本経済で盛り場も厳しい状況にある。そんな中で、この祭りは一つのカンフル剤になっている。我々が毎年主催している「すすきの夏祭り」(8月)、「すすきの氷の祭典」(2月)に、新たに札幌市民、いや全道民を巻き込んだといっていい「よさこいソーラン祭り」が「YOSAKOIススキノ大作戦」のように色々な形でますます発展していけば、地域の活性化に繋がると思われる。(社団法人すすきの観光協会)
ポイント 「よさこいソーラン祭り」を独自企画で拡大。企業として会場を確保し、そこで様々な展開を行うという新規事業としての先鞭をつけたことがスポンサーから評価され、新たなイベントとして定着しつつある。

原稿作成:97年5月