Contents:案内・その他

ラジオで募集した親子40組が地元企業を見学研修

広告主 地元企業
放送局 高知放送
実施時期 96年〜年2回実施(8月・11月)
テーマ ワイド番組「容助とラジオでハロー」主催のバスツアー
企画概要
事前告知

ラジオ:PRスポット約100本、その他:新聞
企業訪問

実  施:年2回(8月・11月)

対  象:親子(80人)

訪 問 先:地元企業および地場産業5社

企業PR:1社につき30分生中継
(ワイド番組の中で中継コーナー枠設置)

そ の 他:パーソナリティ同行、参加費無料(食事付)


@ 生中継による県内リスナーへのPR効果

A 将来の購買層に企業イメージをPR

B パンフレット配布、商品サンプリング など
成果・評価  参加者以外にもラジオを通じて企業のPRができる。(土佐和紙工芸村くらうど)
参加者は80名だが、このあと主婦の口コミで当社の商品や良さが広がるだろう。(ひまわり乳業)
ポイント 単なるCMとは異なり
@ 企業からの生中継によるリアリティ
A パーソナリティ同行による暖かみや親しみ感の増幅
B その結果としての参加者のクチコミ
など、多角的なPR効果が期待できることが参加企業の大きなメリットになっている。

原稿作成:97年5月