Contents:案内・その他

『BUCKLE UP』キャンペーン(シートベルト着用推進)

放送局 エフエム京都
実施時期 94年〜継続中
企画概要 「キャンペーン告知」
◎イベント
 キャンペーンカー・クルーズ、キャンペーンプレゼント、学園祭 など
◎オンエア
 20秒および40秒スポット、生パブリシティ、イベント中継 など
◎ツール
 ステッカー、タイムテーブル、ガレージマップ、キーホルダー など
<キャンペーン・ステッカーの配布・サンプリング>
 4年間で50万枚
協力:京都府警察本部、京都市駐車場公社、JA京都支部
協賛:各社
成果・評価 春・夏の全国交通安全運動とリンクして定着。
1年でシートベルト着用率が41.6%から48.1%にアップ。
キャンペーン・ステッカーの延べ配布数は4年間で50万枚を突破した。
シートベルトの着用はドライバーのマナー。『BUCKLE UP』キャンペーンを応援します。(京都府警察本部)
ポイント  車とラジオが切っても切り離すことができない関係にあることは当然の成功要因であるが、同時に、継続が大きな力になっている。また、ステッカーやキーホルダー等のツール類のデザインがオシャレで一般性が高く、参加意欲を盛り上げたことも成功要因のひとつといえるだろう。

原稿作成:99年4月