Contents:案内・その他

STOP AIDSキャンペーン

放送局 FM802
企画概要 ◎キャンペーン参加方法
@参加希望者はFM802内のキャンペーン事務局に応募
A応募者にエデュケーション・リーダー・テキストと50問の認定テストを送付
B返送されたテストを事務局で採点。全問正解者をリーダーとして認定し、答案用紙と認定ピンバッジを送付
C全問正解できなかった人には答案用紙とともに別のテストを送付、再挑戦も可能
◎キャンペーンイベント
リーダーに対して「エデュケーション・リーダー・ニュース」を発行
レッドリボン・ミーティング
AAA LIVE IN OSAKA会場でのボランティア活動
エコロジーとAIDSを考えるファンキーガレージセールでのボランティア活動
LET'S TALK ABOUT AIDS(ルーマニアでのAIDSの現状に関する講演会)
LIVING WITH HIV/AIDS EXHIBITION
LIVING WITH HIV/AIDS LIVEFLASH!
映画「秋桜」試写会 ほか多数
◎特別番組 年に数回

エデュケーション・リーダー キャンペーン集計('99/4/28現在)
・申込総数16,369人
・回答総数7,679人
・リーダー数4,796人
・リーダー率62.5%
成果・評価  大型特番やイベントの連打で呼びかけたエデュケーションリーダー募集に約17,000人が応募。平成8年日本民間放送連盟賞・放送活動部門最優秀賞を受賞。

 現在エデュケーションリーダーになられた方は約4,800名(応募者は約17,000人)に達し、この事業の一環としてのイベント等にボランティアとして参加するなど、多くの若い方々が、この企画に主体的に参画し、エイズの啓発に大変役立っていると考えている。(大阪市)
僕がFM802の「エデュケーションリーダー・キャンペーン」を知ったのは、3年前のことだったと思います。リーダーをやっていて多くの人と友達になりました。知ることがワクチンです。差別や偏見を持たず、支えあえる社会を作ることにつながります。FM802と大阪市の行っているこのキャンペーンは、とても大事なことだと思います。(リーダーとなった大学生)
ポイント  敬遠されがちな問題を扱うキャンペーンに、FM802のメインリスナーである若者が積極的に参加。単発ではなく、継続的な展開で、AIDSとHIVについて身近な問題として捉え、考えるきっかけとなっている。

原稿作成:99年4月