一般社団法人 日本民間放送連盟

MEMBER'S ROOM
  • サイトマップ
  • お問い合わせ
  • ENGLISH PAGE

民放連について

表彰番組・事績

日本民間放送連盟賞

 日本民間放送連盟賞(連盟賞、英文名:JBA Awards)は、質の高い番組がより多く制作・放送されることを促すとともに、CM制作や技術開発の質的向上と、放送による社会貢献活動等のより一層の発展を図ることを目的に、日本民間放送連盟(民放連)が1953(昭和28)年に創設した賞です。

 部門・種目別に審査を行い、優秀な成績と認められる作品および民放の信用と権威を高めたと認められる活動を表彰します。さらに、番組については、学識経験者等による選考を経た質の高い作品を、あらためて視聴者・聴取者という別の視点からラジオ、テレビ別に選考を行い、国民の期待に応えるとともに放送文化の向上に寄与した作品である連盟賞グランプリとして称揚します。

 グランプリ、準グランプリと全部門・種目の最優秀受賞社に今後の制作・開発・企画に資するための報奨金(テレビ グランプリ1,000万円、準グランプリ500万円、ラジオ グランプリ300万円、準グランプリ150万円、最優秀50万円)が授与されます。また、グランプリ、準グランプリ受賞番組は多くの国民に視聴・聴取される機会を設けるために原則、全国向け再放送を実施します。表彰は、毎年秋に開催する「民間放送全国大会」式典席上で行います。

 

入選作品・事績はこちら 

 


 

日本放送文化大賞

 日本民間放送連盟は、2005(平成17)年に会員各社で質の高い番組がより多く制作・放送されることを促すことを目的に日本放送文化大賞を制定しました。同賞は、“視聴者・聴取者の期待に応えるとともに、放送文化の向上に寄与した”と評価される番組を顕彰するもので、2017年の第13回をもって日本民間放送連盟賞と一本化しました。

 

受賞履歴はこちら

 

  

足立賞

 日本民間放送連盟は、1961(昭和36)年に民間放送10周年を記念して足立賞を制定しました。足立賞は、放送活動や放送技術の開発を通じて社会・文化に寄与し、民放の信用と威信を高めた業績に対し、民放各社で活躍する個人・グループを対象に贈られたもので、1973年の第12回をもって終了しています。

 

受賞履歴はこちら